最近のトラックバック

リメイク缶で多肉

缶ビールのミニサイズ、なんだか可愛い。

リメイク缶って楽しいのかなぁって思い、以前にもスチール缶でトライしてみたけれど

缶の底に穴(水抜け用)が空かない!!

力が無いからかなぁ。道具が悪いからかなぁ。釘を打てば空くと信じていたのに案外びくともしなかった。

でもでも、アルミ缶って素晴らしい!!いとも簡単に穴が空いたよ。

意気揚々とペイント。今回はマーサスチュアートの絵の具でペイント。

そしてペーパーナプキンを貼ってニスを重ね塗り。

まあまあの出来栄え!

そして最近はまってしまった多肉を移植しました。
1475026418718_2




1475026398179

増やした多肉の赤ちゃんなのでまだ小さいです。
あまり大きくならないで欲しいけど、、、。
 

和菓子とフラワーアレンジメント

和菓子ですよ

作った事ないです・・・ぼた餅、酒まんじゅうは作ったことあったな

今回は上生菓子です

お菓子は娘が作りました

Mini_131124_1455
ゆずです。葉っぱに葉脈を入れるところ・・・緊張の一瞬

Mini_131124_1458
これは柿 黄色を透かして入れ込みですって!高度な技術も体験

Mini_131124_1727出来上がり!!

先生は三鷹で和菓子作り教室「和菓子の玉手箱」主催していらっしゃる鈴木昌子先生です

次はこの和菓子に合わせてフラワーアレンジメントです

私のでばんですワ

Mini_131124_1721Mini_131124_17210001こんな感じになりました

アレンジメントの先生は「Bocagere」主催の溝口ミナコ先生です

この後茶房「さなぎ屋」さんで美味しいコーヒーを頂き、満足の一日でした



いきなり自由にって言われても・・・

10月のアレンジメントレッスンは、ススキを入れて秋のアレンジ

各自で器を用意して好きなようにねって、先生どうよ

しかも今回は遅刻しての参加

器は思いつかずブルーのお皿を用意しましたが、直前になってアイアン之カゴを利用しました

131010_100901
言い訳しますが写真の色は全く違いますー

コスモスとトルコキキョウ リンドウ 等々沢山の花材が入って盛りだくさん

花材が沢山だしー難しかったわー

131009_154001
こっちの素敵なアレンジはもちろん先生作

ワイングラスにアレンジなんて素敵 そしてセットがお月見ですねぇ

この日はレッスン後、さなぎ屋さんで用意して頂いたお団子をいただきました


重陽の節句

今月のレッスンは「重陽の節句」が九月九日なので菊を中心にしたアレンジです

12種類もの花材を使用していますが、そのうち菊科はコスモス・スプレーマム・シュウメイ菊・フジバカマ・ソリダコと5種類

いつも驚きがあって新鮮な溝口先生のアレンジ

今回のコスモスは「ピコティ」

名前も可愛いけれど見た目も可愛い、縁取りのあるコスモスです

130911_163501花器も「ざる」を利用していてですね。そしてがとっても感じられるアレンジです。

130911_152602




夏のお花はプリがいいね

八月のレッスン

夏はお花がもたないので、プリザーブドに。

以前使用したブック型の入れ物を利用したよ。

でも、私ったら前回の時は生花だったので一生懸命お水を注ぎ、注ぎ過ぎてしまった。

そしてブック型の入れ物の中も下もビッショビッショ

気付いて乾かしてから仕舞ったんだけど・・・・・時期が悪かったのかカビカビ

ブック型を開いてビックリ→無かった事にしようとそっと閉じて・・・・・・・ハイ、捨てました。

先生にお願いして同じものを用意していただきました。先生お手間かけてホントすみませーーん。

20130812_004 ブック型を縦に利用。

プリザーブドならでは、ですよね。

階段途中のニッチに置いたので、階段を昇り降りしながら多方向から眺められます。

20130812_003 デザイン・指導 はいつもの溝口美奈子先生です。

あじさいのドライ

あじさいのドライフラワーって素敵!でも買うと結構高価

作れば良いんだーって事で

作り方を検索

以前自己流で作ったときは冷房の直ぐ下に逆さにして吊るしてみた

これも上手く出来たんだけど、本当の作り方を知りたくて検索してみた結果

シリカゲルを使う方法が一番綺麗に出来そうだった

けれど

一番簡単に出来る方法を選んだ やっぱりね

それが私 なのか

まず、アジサイの調達・・・・ご近所さんの庭に咲くアジサイをおねだりしてみました

ああ、おばさんになると平気です ずうずうしいにもほどがある 

20130722_011 ブルーのアジサイが既に少し色が薄くなっているのがいい!って思ってね

これ1本だけ欲しいなぁって でも結局ピンク色のやら ガクアジサイやら4種類もずうずうしく頂きました

簡単ドライフラワーの作り方としては「アジサイは茎も太く丈夫なので水を切って挿しておくだけでOK」を信じて

そして数日後

20130722_003 完成です ブルーのアジサイはみごとに完成 でもピンクの方は何故かミニミニサイズになってしまいました

そしてもう一つのガクアジサイは・・・水を切って翌日にはガク部分が下にだらんっと下がってしまったので、あせって逆さに吊るしました

20130722_004 ドライにはなりましたが・・・・しょぼすぎでしょ

ガクアジサイはシリカゲルにしないとだめですね

アジサイの色は紫外線によって退色してしまうので、なるべく日に当てないほうがよいそうですが

直射日光に当てなくても部屋の中には紫外線が入りますし、蛍光灯も紫外線なのでそのうち退色していきます

まあ、それが雰囲気ですよね

それがまた良いってことで

サマーグリーンリース

夏ですし、と言う事で涼しげなフラワーアレンジメントです

20130711_005 ガラスのお皿ではないんですが

深いブルーの陶器のお皿を使用してます

オアシスを並べてリース状にしてリンゴやお花達を生けました

紫陽花(ドルチェアンティーク)はこのままドライになるそうなので、それも楽しみです

デザインは溝口美奈子先生

芍薬の季節だねぇ

今月は季節のアレンジメントでシャクヤクのアレンジです。

シャクヤクは淡いピンクも素敵だけれど、こんなレッドヴァイオレット色も惹かれます。

高さのある器に大きなシャクヤク・バラ・トルコキキョウでにぎやかでに華やか。

20130613_004 さすが溝口先生、今月も素敵です~。

20130613_009 こちらは、先生作。

うーーん。

全然ちがいますねぇ。

同じように生けてるんですけど・・・

前回の反省でお水を切らさないように、毎日たっぷりやりました。

バラも大丈夫・・・水を上げてくれましたホッ。

良く見るとリンゴちゃんが入っているんです。この辺りが溝口先生らしさ。かな?

12月なのにサツキ?

バス停でバスを待つ。

でもその日、バス停は日陰にあった。

5メーターほど手前の陽だまりで立ち止まった。

うぅ ん?「サツキ?」

葉っぱもお花も何処から見てもサツキ。でもこんな冬にねぇ。

20101214 サツキだよねぇ。

日比谷ガーデニングショー

もう8回目なんだけど、初めて行きました。

日比谷ガーデニングショー

20101025_007_2 20101025_006 小さなスペースにお庭を再現

20101025_015 20101025_018 20101025_021 ハンギングが沢山出展されていた。受賞している作品の何処が受賞理由なのかは

よく分からなかった。20101025_023 これは多肉植物を多数はめ込んで出来ている。凄い。良く見てね、名画が見えるでしょ。

20101025_031 20101025_033 20101025_035 一時間半ほどで見てまわる。

土の無料サービスがあったけれど、持って帰るのも大変だよね。って止めました。

秋だからか全体に華やかさは感じなかった。

でも、いろんなアイデアが見られて良かった。

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ