手作り

そこに生地があったから

布を入れてある箱がある。
黒く光沢のある生地があった。
あったと言うか、貰ってきたものだな。
何に使う生地なのか?堅くて光沢があるが透かしてみると透けるんだな。
ギャザースカートにしようって思ったのは、多分知り合いがこのような生地でブランドのお高そうなスカートを履いていたのを見たことがあったからに相違ない。
今回は裏地付きでコンシールファスナー付き。
裏地は手縫いでなくてミシン(難しいと言われている)でつけた。ふふ。なかなか上手くついた。この時どや顔してたと思う。
あとはベルトをちゃちゃっとつけて完成さ。
ところがこのベルト付けが難しかった。生地が硬かったせいなのか?
ベルトを二つ折りにしてスカートに挟み込むように縫ったのだが、表と裏がずれ皺がよるよる。
三回ほど頑張ってみたがあきらめた。
挟み込まずに縫ってはい!完成。
3652
写真は後ろ
3650
光沢の感じがわかりますかね?こんな生地です。

暖かくなって長袖

フレアースカートの次は
ワンピースでしょ。と言う事でワンピースを作りました。

半袖の気候ですが出来たのは長袖です。
3295_2
思いのほか時間がかかってしまった。
やはりワンピースは工程が多かった。

説明書を読む限り難しいことはなかったはずなのに、変だな。

ウエスト切り替えでファスナー付き、袖はギャザーを寄せているしカフスもついている。

ウエストにはタックをとったりした。やっぱり工程が多いな。

裏地も付けたかったけれど、裏地代も馬鹿にできない。

スカート部分にのみ裏を付けようと試行錯誤(妄想)するもどうにもファスナー部分が上手く処理できそうにない。

裏地は諦めた。

今回初めて知ったのはスカートの裾をまつる時の「奥まつり」という方法だ。

確かに裾はロックミシンをかけて三つ折りせずに留めるだけ。

ロックしたとはいえ糸が抜けないのかなぁって思っていたけれど、奥でまつれは問題解決な訳ですわ。

またひとつお勉強したわ。

今日の断捨離は化粧台の棚。ピン、眉毛用ハサミ、口紅入れ、絵筆ぞろぞろ、マウスウオッシュなんかもあった。捨てた。あ~今日もすっきり。

出来た気がする。フレアースカート。

春ですね。
春物を作る事に。
春らしい色合いのフレアースカートを作る事にしました。
まずは完成写真
2279


生地は着る本人が買ってきました。
ラインでやりとりはしたのですが、買ってきた生地は幅が100センチ!
長さ150センチ
丈を50センチ位で作るとしても4枚剥ぎには足りません。

2枚剥ぎのフレアースカートを作ることにして
型紙を当てると、ぎりぎりでした~。

二枚剥ぎなので当然アスナーは脇ですよね。
これが今回とっても難しかった~。

最初は何も考えず普通のファスナーを付けてしまったのですが
なんか違うと、、、

既成の同じようなスカートを参考にすると、あああ!!!
ファスナーが上品だわ。

知らなかった~「コンシールファスナー」
こんなことも知らずに今まで生きてきてしまいました。
ショックをうけながら、手芸店へ。

コンシールファスナーを買ってきましたが、これを縫うにはどうもコンシールファスナー押さえという専用のミシン押さえが必要ということもわかりました。

これを探すのですが行った手芸店にはなくて、アマゾンです。

価格は200円とお安いのですが手に入れるまで数日かかってしまいました。

しかし、作ろう!という強い気持ちに変わりはありません。

付け方は動画で見つけて何度もガン見し、完璧です。私が参考にしたのは洋裁の専門
2278
学校の先生の動画です。さすがに教え方が上手い!

そして丁寧な縫い方。補足も沢山あって私向け。

スカートのベルト付けは前回は適当にこうだろうと付けてしまったのですが

別の動画を参考にみてみたら
あらら、全然違ってた。

見てみる物ですな。

時間はかかりましたが完成です。

多分。

そうそう、裏地も付けたのですが
コンシールファスナーでの裏地の付けたかが難しくって。

動画の先生が何度も縫いにくいのですが、、、と連呼していたので諦めて、手縫いにしました。
時間がかかってしまったので、次回はミシンでチャレンジしたいですわ。



2280

ウォールランプを手作り

シャビーシックなウォールランプを作りたいなぁって
ずうっと考えていたんです

あれっ、これ使えるじゃん?と断捨離中の私が見つけた
壁に吊すフック
これの下にフックがついてました2134_2






























これ自体はアイアンでできてますので、とっても重くそして素敵!

灯りを乗せる部分は大きさからこのネコちゃん用「金のだしカップ」を採用です

細いワイヤーを五カ所に掛けて留めました
2135_2






























アイアン部分に2㍉のワイヤーを通してカップの中央に穴を開け差し込み
この細いワイヤーを一緒にまとめてみると

まあまあの強さあり、そして簡単に曲がる位の丁度よさ
ヨシヨシ、しめしめ?っとこのまま使う事に
2136






























カップは少し深かったので高さを半分にカットして使用
ワイヤー部分は細いワイヤーをくるくると全体にまわして
さらに補強しました

そして上からペーパーナプキンを貼り付け見栄えを整えました

カップ部分は粘土で覆い、飾り用にはシリコンモールドでかたを取った
粘土を貼り付けました
2129






























さあ、もう少し

アイアン上部とワイヤーの付け根にこれも粘土で作ったパーツを貼り付け
アイアン部分の色と同じように全体をアクリル絵の具で塗りました

キャンドルは蝋をたらしてからカップにグルーで貼り付けています
2125






























ああ!!!!念願の完成!!!
がさつですかね でも好きな感じです

壁に飾るとき八角形のフレームを添えてみました
2119

ギャザースカート制作と断捨離

丁寧に作ってみようと思った

いつもはウエストゴムでニットならダーツも要らない
そんな服を作っていたのですが
今年の(2018年)私は違う

違う事になるはず

そこで簡単服の型紙を使いましたが、ウエストはベルトにして、ファスナーも付けちゃう

生地もウールです 「触ってごらんウールだよ」 のウールです
時期も時期なのかお安く手に入った よし!

裏地も付けよう!!
はて?裏地付きでファスナー付きってどうする?

頭の中で手順を確認してもさっぱりわかりません

そこで市販の服を参考にしてみました
716
裏側からの写真です
バーゲンで買いましたが、よく見てみると丁寧に作ってあります
頭が下がります

ファスナー付きって裏も綺麗に出来てる~感動

う~ん 難しそう 諦めるか
動画検索してファスナーの付け方は分かった
でも裏地付きのは見つからない

頭の中で想像 良しッ 作ろう

717
表地から見たところの写真です
なんとか出来ましたが裏からの写真は見るに堪えません

あとあと、見つけたのですが丁寧に裏地ファスナーの付け方を教えてくださっている
サイトがありました

ギャザーを寄せて、ウエストを付けて裾をミシンでザーっと縫って
おっと、だめです
ミシンで裾を縫うのは以前の自分
今年からは手縫いします

やってみるとそれほど手間ではありませんでした

さあ、仕上がった~~と
ウエストにホックを付けて
出来た~~と

肝心所忘れてました
裏地付きですもの、裏地と表地を繋ぐやつ
なんて言うのかなぁ、あれを付けないと

715
これです ループというらしい

うーーん、糸を三つ編みしてるのかなぁ
あれっ何かで見たような
Eテレのおしゃれ工房でやっていたような
たしか糸で編んでいたような

探しました ありました
丁寧に解説してくださっているサイト
服飾専門学校講師のサイトです

やってみたら以外と簡単でした

完成です

713

そして、今日の断捨離はフルーツ酒を付けていたビン

高さが15センチ位の小さめです

中が空になったので洗って、ジャムを作った時に入れるビンとして取っておこうかなあ

と思いましたが、ここは断捨離です 捨てました

はい、捨てました

もうクリスマスですねぇって東京堂の話

初日に行ったのは初です。

娘も行きたいと言うので四谷までゴー!

今年の東京堂さんクリスマスのテーマは「フォレスト」だそうです。

とてもナチュラルな感じで森の中、小さなおうちとサンタさん・・・とかね。良い雰囲気ではありましたがこれぞ!と思う欲しい物がない。

それでも何やら買い込んですっかり疲れて・・・

そうそう、四谷駅でゴディバの美味しそうなの売ってました~思わず買って東京堂さんまでの道のりを冷たいお腹で歩きましたよ。キンキンに冷たいので暑~い屋外で食べるのがおすすめかな。

130902_114501


チョコが濃厚で氷が入っているのにジャリジャリ感がゼロ。甘さも丁度よく最後まで美味しく頂けました(娘と二人で一つですが)

東京堂さんの店内で撮影

130902_120301
鉢植えのトピアリーにこんなおうちを付けて上にはハート型のオブジェも付いてます。鉢にレースを貼ったりすると、もう可愛いです。
130902_121201丸い箱の中にアレンジです。トナカイ好きだなぁ。色味は写真よりもっと抑え気味です。これも素敵。

130902_121401
これは購入しました。今年の小さなツリーですが枝が細く繊細でキラキラが光に当たるととっても綺麗。鉢の上部のリボンは付いてません。これを貼るだけで雰囲気が変わるんだよ。

130902_121402

130902_121701森の中のコビトさん宅って感じでしょ。

130902_130301こちらは、地下にあった別物。大人シックで素敵です。

130902_134101本館にあったディスプレイ。落ち着いた雰囲気です。この黒いミシンが沢山あったなぁ。

130902_134102これは、クリスマス用って訳じゃないけど可愛らしいディスプレイでした。

130902_134201
こっちはハロウィンです。黒いバラを使っているのでさりげなく大人っぽいディスプレイになってました。

130902_134301
歩いて疲れて、いつも寄るのは四谷駅にある「POULE」

写真が見つかりませんでしたが、お茶とサンドイッチとケーキを頂きました。ここのケーキは美味しいです。うーーん。満足の一日でした。























簡単すぎてごめんなさい ティッシュボックスです

ティッシュボックスを作ろうって思って、2年。

このままじゃいけないと、ふと思い立って作ったは良いけれど、余りに簡単でゴメンナサイボックス

笑っていいとも

それはこれです↓

20130517_001 作り方は超簡単 最近のマイブームになってますがまず、箱を裏返します。

20130517_007 その前に箱を開きます

次に裏返します

20130517_008 それを組み立てます

20130517_002 これが箱を裏返すという私の流行なんです

そして後は好みのマスキングテープを貼るだけ

裏の紙が見えないように全面に貼っても良いけれど、今回は裏紙の色を生かしてみました。

コレ↓は地味?だったかな洗面に設置

20130517_005 ティッシュの取り出し口のビニールはそのままにし、ぎりぎりをマスキングで貼ってます。勿論中身が無くなったら新しいのを入れ替えます。

うーーん。かなりエコな気がするんですけど。いかがでしょう。

粘土細工に挑戦するも・・・・焦げた!?

焼いて仕上げるタイプの粘土を使用したアクセを教えていただいたのですが・・・

形成後130度のオーブンで30分焼きます。しっかし、我が家のオーブンは150度が最低。

余熱を早めに切り上げて電源を切った状態で10分。もう少しだなって思ってもう一度150度でスタートし5分。

出来上がりがこれだ。↓

20120524_002_2 焦げた。まさに、焦げた感じ。

これを見た先生「もう一度つくりましょうね。」と声を掛けてくださいました。ううっ。ありがとうございますぅ。

そして、本日↓

20120524_001 出来た!そう、これが本来の 「出来た」だ。

まだ、この後UVジェルで仕上げます。

タッティングレース

繊細なレースがとっても素敵。

小物いれ↓

20120223_006 タッティングレースって言うんだ。知らなかったなぁ。

編み物は肩が凝るのでしません。(言い訳です)出来ません。目が揃いません。やる気だけは過去にありましたが

それさえ、最近は・・・・最初からあきらめてます。

それにこの、袋物。どう縫っているのかと裏返してみたら、裏がありませーーん。

リバーシブルの様に作ってあります。作りまで繊細。私には到底できない。

20120223_005 ネックレスとリングです。

色が好きですし、とっても気に入ってます。

20120223_004 うっかりこのまま手洗いしてしまい・・・・おっとー濡れてしまった。

気をつけないとね。

FJさん、妹さま。こんなにも素敵な作品を有難うございます。大切に使わせていただきます。

今年も スタカニ → スタンプカーニバル です

去年と同じく台東区で行われた。

だから見渡すと・・・・そうです→スカイツリーが

大きいんです

でも上のほうしか見えません。→近すぎるからですよねーー。

20111010_017 20111010_018 スタンプカーニバルらしい写真を2枚ほど。

いつみても素晴らしいです。アイデアが一杯つまってます。参考になりまーーす。頭がさがりまーーす。

20111010_009 小物を少々買ってしまいました。エヘっ。

これはウッドで大270円位小170円位。DUOさんで売ってました。

スクラップブッキングでこの中央に人物をいれるととっても素敵なんだとか

私はトールペイントで使用しますけど。

20111010_010 こんなのもありましたよ。20111010_019 こんな風にコラージュする時使えます。

20111010_001 極めつけがこれ↑

糸巻き?と素敵なハサミ。この糸巻き置きは200円。

ハサミは399円で共に「リトルビー」で買いました。

20111010_015 これは井川恵美先生のデモで作っていた作品です。

UVニスを使って仕上げています。

スタンプは超激安値段のものが多数出ていて、沢山買ってしまいました。

消しゴムを使った「消しゴムはんこ」も凄いです。

器用な作家さんが素敵な作品を売ってくださいます。

小さな消しゴムですが、どれも個性があってお気に入りの作家さんを見つけると楽しいですね。

来年も行きたいです。

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ