最近のトラックバック

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

久々に観る地元の祭りは変わったような、変わってないような

生まれ育った街のお祭りだった

子供の頃のお祭りの思い出は沢山ある

その頃の楽しみって、あんまり無かったからかなぁ

お祭りを楽しみにしていたし、実際楽しかった

久々にお祭りを体感、懐かしいような、変わってしまったような

ただ、子供の頃の思い出が蘇えったのは確かだ

暫く引越す事が多かったため、住んでいる地域に「地元」と呼ぶほど親しみを持てない時期を過した

子供の頃は当たり前のように過してきた、例年の行事 お花見やら夏祭り・盆踊り・七夕祭り が無かったり 違っていたり

大人になって(かなりの大人ですが)の地元のお祭りは、それだけじゃなく ご近所の方々との繋がりや関わりが大きくなっていて、やっぱり子供の頃のようには感じられないんだなって

思ったよ

20130730_001

あじさいのドライ

あじさいのドライフラワーって素敵!でも買うと結構高価

作れば良いんだーって事で

作り方を検索

以前自己流で作ったときは冷房の直ぐ下に逆さにして吊るしてみた

これも上手く出来たんだけど、本当の作り方を知りたくて検索してみた結果

シリカゲルを使う方法が一番綺麗に出来そうだった

けれど

一番簡単に出来る方法を選んだ やっぱりね

それが私 なのか

まず、アジサイの調達・・・・ご近所さんの庭に咲くアジサイをおねだりしてみました

ああ、おばさんになると平気です ずうずうしいにもほどがある 

20130722_011 ブルーのアジサイが既に少し色が薄くなっているのがいい!って思ってね

これ1本だけ欲しいなぁって でも結局ピンク色のやら ガクアジサイやら4種類もずうずうしく頂きました

簡単ドライフラワーの作り方としては「アジサイは茎も太く丈夫なので水を切って挿しておくだけでOK」を信じて

そして数日後

20130722_003 完成です ブルーのアジサイはみごとに完成 でもピンクの方は何故かミニミニサイズになってしまいました

そしてもう一つのガクアジサイは・・・水を切って翌日にはガク部分が下にだらんっと下がってしまったので、あせって逆さに吊るしました

20130722_004 ドライにはなりましたが・・・・しょぼすぎでしょ

ガクアジサイはシリカゲルにしないとだめですね

アジサイの色は紫外線によって退色してしまうので、なるべく日に当てないほうがよいそうですが

直射日光に当てなくても部屋の中には紫外線が入りますし、蛍光灯も紫外線なのでそのうち退色していきます

まあ、それが雰囲気ですよね

それがまた良いってことで

サマーグリーンリース

夏ですし、と言う事で涼しげなフラワーアレンジメントです

20130711_005 ガラスのお皿ではないんですが

深いブルーの陶器のお皿を使用してます

オアシスを並べてリース状にしてリンゴやお花達を生けました

紫陽花(ドルチェアンティーク)はこのままドライになるそうなので、それも楽しみです

デザインは溝口美奈子先生

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ