最近のトラックバック

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

好きな書店

本屋さんの匂いって独特。

特に雨の日は、本屋さんに入り浸ってあの独特の匂いの中、ゆっくりと素敵な本に出会いたいと思う。

何度も行っていたのに今まで気付かなかったのは何故だろうか。

新宿ルミネ1の5階にある本屋さん「ブックファースト」。

6階のレストランからエスカレートで降りてくる。雑貨店のフランフランに立ち寄る。いつも混み合っているスタバを横目にエスカレートを降りる。-そう、降りちゃってたのよね-

4階のアフタヌーンティ辺りを見て回る。3階の超個性的なアクセサリー店を横目でみて2階へ。が、いつものコース。

でも、その日は見つけたよ!5階スタバの向こうに本の影。

あーーら。好きなコーナーがある。あるじゃん。いいじゃん。

アートのコーナーが充実していた。インテリア・絵画・コラージュ・手作り・写真・・・・・・。洋書も沢山。

そして、ブログでファンだった人がなんと本を出していた。キャーって思わず買ってしまった。

20121029_002 私が好きな本屋さんだなぁって思った所には、私の好きな本があるって事だ。

次の出会いに期待が膨らむ。フフフ。

小さな木製のバック

可愛らしい木製のバック。高さが取っ手込みで10cmくらい。

ペイント&コラージュしてみました。

20121027_002 20121027_005 このデザインは以前「手ぶらでレッスン」の初回でウエルカムプラークで使用したものをアレンジしました。

少しアンティーク風に上から白い色をかけています。

取手の土台部分をボタンに換えて少し可愛らしい雰囲気にしました。

反対側は

20121027_003 ベースはスタンプインクでちょっと汚しアンティーク風に、英字新聞をちぎって周りをインクで色付けしたものを貼りました。

レースや切手・チャームを貼り付け完了です。

なんだか、解せない。

横断歩道の向こう側。

はがきを手に何かを?誰かを?探している。

ああ、道を聞きたいんだなぁって分かる。

案の定声を掛けてきた、60位の女性。

「この辺に詳しいですか?」--待ってましたよ。聞かれると思ってたさぁ。--

3年近く通っているこの辺りだが、詳しいかと聞かれるとそれほど自信がない。

「余り詳しくはありませんが・・・」とここまで聞くや否や「あら、そう。じゃ、いいわ。」って。

聞いて欲しかったんだけどなぁ。「あのー何処かお探しで・・・」の声もむなしくその女性は

近くを歩いていた小学生に声を掛けていた。

は?

そりゃあ、私は詳しくないと答えましたが

聞いて見なけりゃ分からないでしょ!知っているかもしれないのにね。

しかも、次のターゲットは小学生だよ。小学生だから分からないって訳もないけどさ。大人が行く場所でしょ?大人に聞いたら?

はぁーー!何だか解せない。

私のこの苛立ちは何?

人助けを出来なかった事に腹を立てているのか?あの人が何処に行きたかったかを知りたかったのに知る事が出来なかった事に悔しさを覚えているのか?

ああ、こっちだ。

コミュニケーション で き た !?

「軽く目が合ったら、ギュッと両目をつぶるんだよ。」

「うん、わかった。」

これでコミュニケーションが取れるらしい、と。

実際やってみるチャンスがやってきた。

そのネコは大きい公園を我が家の庭のように歩いていた。

草むらで座った。チャンス到来。

20121017_003 徐々に近づく。

20121017_002 声を掛けてみる。

20121017_001 こっち向いた。

軽く目を合わせ、両目をギュットつぶってからネコを見た。

ネコも両目をギュットつぶった。

もう一度、両目をギュットつぶってみた。

ネコはまた、両目をギュットつぶってくれた。

ひゃーー。またまた、両目をギュット。

ネコもギュット。・・・・ヨッシャー。

その後さよならの挨拶をして、立ち去ったんだけど。これって挨拶?出来た!のか?

仲間

同じ職場の仲間。

12月に出産で退職される方の送別ランチ。

会議室でバーガーをデリバリーしてもらう。

このところ、オメデタの人が多い。今回も本当に嬉しく思う。

出産された人は皆、赤ちゃんを連れて遊びに来てくれる。

すっかり母の顔となっているのだが、仕事に復帰する人がほとんどだ。

20121015_001 また、会おうね。

同級生

先日のドラマで高校生から人生をやり直す「リセット」があった。

タイムスリップするなら、やっぱり高校生がいいなぁ。それも高校2年生かなって思ってた。

今日、高校時代に真黒に日焼けしてテニスをしていた仲間と会った。話しながら高校時代にタイムスリップするかと思いきや・・・そんな事はない。

皆中身は変わっていないが、やはり年はとった。

家族の写真をカメラから見ながらアップにしたくて親指と人差し指で大きくしようと何度もトライ。このカメラにそんな機能は無いよっていってるのにも係わらず・・・。

アドレス交換が赤外線通信で上手く出来ない。

いちいち老眼鏡を取り出さないと見えないにも係わらず、またいちいち老眼鏡を仕舞う。

テニス用に調整したコンタクトだからって、メニューが読み取れず人に読ませたりする。

思い出話には、そうだっけー?が多い。

極めつけが皆が今日の事忘れてないか心配で、前日に日時・場所をメール連絡したのに自ら時間を間違える人。(私だぁ)

それでも気心が知れている仲間は楽しい。入院中で参加できなかったメンバーもいて、健康がなによりだねってしみじみと感じた。

次回は高尾山登山か、新しくなった東京駅散策か、スカイツリー観光とか?

全員で会おう!

20121006_002

20121006_001 おまけ

20121007_001

レーピン展

渋谷bunnkamuraザ・ミュージアムにて8日まで行われている

「レーピン展」

20121003_001 レーピンさんは肖像画を多く描いています。

人を描くってどんな事考えながら描くんだろうかと考えた。

モデルは皆イスに座っている。まぁ、疲れるからねぇ。

でもイスはそれぞれ違うし、ポーズも違う。画く角度も違う。

肖像画だから似ていないと意味ないし、服装も大切なアイテムになるね。

この写真は奥さん。胸元のレースがとっても素敵。描いてみたいね、こんな風に。

空いていたし、じっくりと見ることが出来た。

このあと来年の手帳を買いにロフトに行った。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ