最近のトラックバック

« 猫さんも顔が変わるんです | トップページ | あ・カドゥのモンブランケーキ »

旧朝香宮家を探索でーす

東京都庭園美術館で今月末までやっている「アール・デコの館」展に行ってきました。

11月1日から改修工事が行われます。その前に・・・と見に行きました。

旧朝香宮邸は1933年に竣工されました。朝香宮様がフランスに滞在の折、当時アール・デコの全盛期だったこともありアール・デコ博覧会をご見学され、帰国後この館を建てるに至りました。

20111023_027 階段下の飾りです。

各部屋には暖炉があり(実際にはスチームが引かれていてそこから暖を取っていたそうです)それぞれ違います。暖炉の前に置かれるアイアン製の衝立の柄も見所です。

20111023_022 20111023_024 20111023_019 20111023_011 20111023_006 20111023_001 暖炉の大理石はそれぞれ色も違います。世界中から集められたようです。

20111023_029 玄関脇の応接室。↑

20111023_026 ロイヤルコペンの「3羽のぺんぎん」。これは行方不明になっていたそうですが数年前に見つかったとか。

20111023_015 大食堂。窓から庭園が見えます。こんなところで食時かぁ最高ですよね。

手前に見えるテーブルの足↓

20111023_014 うふふ。こんなん、好きです。

そのデーブルの上に素敵なお花が生けてあるんですが、良く見るとシルクフラワー。

もっと良く見ると「深雪フラワー」!ああ、素敵なはずです。

20111023_013 ↑階段からの明り取り。

20111023_004 20111023_003 柱の上の飾り、菊の花ぽっく見えます。

何となく日本的なものを感じたのですが、この館はフランスのデザイナー「アンリ・ラパン」の協力のもと、日本の宮内省内匠寮工務課が携わっている和製アール・デコです。

20111023_002 ↑お風呂場でーす。

広々としています、・・・寒そうです。いや決してそんな事無かったと思いますけど。

20111023_012 中庭が窓から見えます。

いいですねぇ。池の向こう側からこちらを眺めているのはガーコです。もちろん作り物です。

↓これは失敗写真ではありません。天井にある通気口です。これも各部屋ごとにデザインが異なります。こういうこだわりがいいよねぇ。

20111023_008 20111023_009 照明器具のデザイン。

20111023_007 床材も貼り方も各部屋で違います。

朝香宮邸から吉田首相官邸→迎賓館を経て美術館となったこの館。きっと色々な秘密を知ってるんだろうな。

館を出るとちょっと肩が軽くなった気分だった。

« 猫さんも顔が変わるんです | トップページ | あ・カドゥのモンブランケーキ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530783/53064532

この記事へのトラックバック一覧です: 旧朝香宮家を探索でーす:

« 猫さんも顔が変わるんです | トップページ | あ・カドゥのモンブランケーキ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ