最近のトラックバック

« 3羽のフラミンゴ!? | トップページ | 朝から歯医者へ。先生も眠そうだったよ! »

忘れられた1円玉

009 山手線に乗った。休日の3時頃、座席は満席だが立っている人も少ないくらい。まぁ空いている。

座席に座ろうとしたら床に1円玉が落ちていることに気づいた。

誰かが落としたもの。となりの若い男女に落としてませんか?と聞くのもどうかと迷った。(それは多分この人達のではないと思うし、1円だし、という思いから)拾うには人目が気になる。(これも多分1円だし、1円拾うのか?と思われるという思いから?)

駅に着く。人の乗り降りがある。1円に気づく人は少ない。あぁ気になる私。隣の人たちが席をたち違う人が乗ってくる。1円玉はそのまま。このまま誰からも忘れられてしまうのか。この1円玉。

次の駅。若い男が乗ってきた。1円玉に気づく。拾うのか?一瞬の時が流れる。拾うか?あっ拾った。その後座席に座ったその青年(20歳位)の顔を見た。なんかいい感じ。だった。

« 3羽のフラミンゴ!? | トップページ | 朝から歯医者へ。先生も眠そうだったよ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530783/44286107

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられた1円玉:

« 3羽のフラミンゴ!? | トップページ | 朝から歯医者へ。先生も眠そうだったよ! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ